RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Sputnik Ghana - スプートニクガーナより -

スプートニクガーナでの出来事やご報告をスピーディーにお知らせします!
道徳のテレビのようなことが起きた日★
ガーナは25(水)の午前9時を廻りました。

日差しの眩しいアクラです。

私が子どものころ、道徳の時間があって

♪口笛吹いて〜空地へ行った〜

  知らない子がやってきて 遊ばないかと笑って言った〜

っとテーマソングのあるテレビを教室にあるちっちゃい

テレビで見ました。

今ではその内容は忘れてしまったけれど

(毎回、こんなときどうする??)

っていうことを考えた記憶があるのです。

そのテレビのようなことがまさに先日の日曜日に

起こりました。いやっ、先日の日曜日に限らず

活動をする時は、いろいろと考えさせられる

ことが起きるわけで・・・。

道徳のテレビは、子ども側の視線から考えることを

投げかけているけれど、ここで起きること私が体験することは

(大人の立場としてどう対応する??)というものなのです。

先日の日曜日に起こったこと。

それはそろばん教室での事。

気づいたのは、帰りのトロトロでした。

バックからカメラを取り出し(今日は結構写真撮れたんだよな〜)

と振り返ろうとカメラを見たら・・・・・

写真が一枚しかない。

しかもアイズィクがたそがれている写真しかない。

いつも、教室が終わってご褒美を渡してパンを配ってもらって

パンが配られている間に私はトイレに行くというパターンなのです。

その私がトイレに行っている間にクレナムやアイズィクが

代わる代わる好きなように写真を撮っている。

なんじゃこりゃ??っていう写真から

おいおい!!って言いたくなる自撮りやら。

数秒から2分近い動画も撮ったりしているのです。

撮った画像を再生して笑いながら見ている。

間違ってデリートしちゃったんだよね??

それは十分わかる。

デリートしたことに気づかなかったと思う??

ここがね、、、、たぶん、そう決めつけちゃいけないけれど

彼らといつも接しているからこそ思ってしまうのが

(デリートしたことに気づいた)っということ

なのです。

じゃぁ、なんで一言いってくれない???

「トシコ、ごめん。消しちゃった」

ってなぜ言ってくれない??

私が怖いから???怖いという理由じゃないとは思うけれど

一言いってほしかった。

誰がやったとか、どっちがやったとか(やったひと捜し)する気は

全くなく、いつも画面を数人で寄ってみているのだから

デリートした瞬間は皆一同気づいたはず。

皆と書いてしまったけれど、まったくカメラに手を触れない

カメラの画面に興味を持たないブラザーのような子もいるわけで・・。

さて、次回日曜日、どう子どもたちに伝えればいいのか??

私が伝えたいのは(一言いってほしかった)だけなのです。

活動していて、生活していて、日本人のもっている考えや感覚と

違うことが多々起きます。そろばん教室の頑張った証であるご褒美も

本人じゃない人が使っていたり持っていることもあり、それを

見るたび正直悲しくなります。その悲しくなるのはただ私が日本人の

感覚をもっているからであって、子どもたちにしてみれば何とも

思っていないことなのかもしれない。

先日、授業の日にクレナムの腕に、デイビットにあげた腕時計が

ついていました。思わず聞いてしまいました。「なんで?しているの」と。

答えは「ベル係だから」。

始業の合図のベルを鳴らすのに時間を知るためにデイビットの腕時計を

借りていると・・・。

そのクレナムの机には、ジョンにあげた8級合格のスクールバックが

おいてありました。

この理由は聞きませんでしたが、クレナム、使っているみたいです。

私の(なんで???)という思いは伝わらないことが多いかもしれないです。

だけどもやっぱりカメラのデリートの件は伝えたいです。

                      see   you   tomorrow

                      TOSHIKO




 
| 子どもが育つ環境 | 18:42 | - | - | - | - |
さようならが近づいてる★

ガーナは23(火)の午前8時半になりました。

このところ、連日12時間停電です。

どうも、この停電しばらく続きそうなのです。

ここ連日、そろばん教室のことを書いていますが

今日もそろばん教室からの話です。

今現在、そろばん教室に来ている中学3年生(ホーム3)の

生徒は、ブラザーとギルバードの2人。

中学3年生と言えば、高校受験が控えています。

2年前まで、この高校受験は4月に行われていましたが

去年から6月になりました。(←たしかそのはず・・・)

なので、今年(2014年)で6月に高校受験が行われるように

なってから2回目となりました。

先日、ギルバードに高校受験はいつなのか?聞いたら6月とのこと。

なので、ギルバードとブラザーは、2学期が始まると、

1月から4月の終わりごろまでが2学期、その後中間休みがあって

5月の初旬から3学期になるので、まだまだ中学生活が送れると

いうわけなのです。

ギルバードに高校は、どこ(この場合、高校名じゃなく場所)行くの?

と聞いたら、「デヌ」と答えました。

デヌは、アフィフェから東へ約30キロ

の場所。ブラザーにも同じ質問をしたら「ケタ」と答えました。ケタは、

アフィフェから南西約20キロくらいのところ。

どちらも、日本の高校でいうなら通学距離なのです。

だけども、ここはガーナ。

首都アクラには、寄宿舎じゃない高校も有りますが、大半が寄宿舎制。

ギルバードもブラザーも高校生になったら寄宿舎に入るそうです。

私は、この2人とのお別れが近づいていることを知っています。

永遠の別れじゃないかもしれない。

でも、2人には、やっぱりそろばんを続けてほしくて、

高校生になっても、高校がスクールホリデーに入ったら

そろばん教室に来てほしいと伝えました。

私、考えています。高校生になっても続けたいと思えるモチベーションを。

検定ご褒美に高校のテキストブックを取り入れようと思っています。

続けてほしい。

2人に行く高校の場所を聞いたこの日は、

クリスマスプレゼントを渡した日です。みんなのとびきりのニコニコ

笑顔を見た日。

この日、クリスマスプレゼントを渡したいということもあって練習時間を

20分早めて終わらせました。

前日がour dayということもあり、はしゃぎすぎたのかギルバードは

眠そうで、また前回のそろばん教室に病気で休んだデイビットは

まだ体調が優れないようで、早く終わらせることに同意したのは

マティーナとジョン以外の子どもでした。

なぜ?マティーナとジョンが早く終わらせることを望まなかったのか?

教室が終わって、トイレに行きたかった私は、マティーナに待ってて貰って

トイレを済ませ、教室に戻って来ると、マティーナが言いました。

「トシコ、来月、HOに行くことになったの。

  だから、もうそろばん教室には来れないの・・・」

私、聞いて泣いちゃいました。・・・今も打っていて涙が出てきちゃった。

「トシコ、泣かないで・・・。お母さんがお金を稼ぐのにホに行くの。」

とマティーナ。

マティーナとジョンは親戚。ガーナ流にいうなら兄弟。ナオミちゃんは

マティーナのお姉さんの子ども。

家族全員でHOに引っ越しをすることになったとのこと。

これまでも、子どもの引っ越しは何度も何度も経験してきたこと。

新学期になったら、それまで来ていた子どもが居なくて、どうしたのか?と

まわりの子どもに聞くと、アクラに行ったとか、他の村に行ったとか。

マティーナ、前回(13日)のそろばん教室の時、帰り際に

「トシコ、our dayに来る?」

と聞いてきました。our day(私たちの日)は、その学期の終業式の日で

朝から音楽ガンガンにかけて踊って、おうちから持ってきた飲食類を

楽しむ日。生徒から先生への差し入れもあったりするのです。

今思えば、マティーナ、our dayを私と一緒に楽しみたかったのかな?

って。深読みしすぎかな?

来年、1月3日にそろばん教室があります。

3日は、たぶん来ることが出来るってマティーナは言いました。

マティーナ、今、6級の練習プリント10枚目にさしかかりました。

10枚終了でご褒美です。

ご褒美はハードカバーノートとボールペン。

マティーナに来てほしい。もちろん、ジョンにもナオミちゃんにも。

さようならが近づいている。

さようならが苦手な大人。

子離れできない大人。

ダメだな・・・・涙ぽろぽろしてきちゃった。


              写真は、先日の1分間書き取りから。


                  see   you   tomorrow

                   TOSHIKO



 

| 子どもが育つ環境 | 18:14 | - | - | - | - |
やっぱり、ナデナデだい好き★

ガーナは9(土)の午後4時にまもなくなります。

昨日は、まったくネットがダメでした。

今日は、写真がアップできるほど、私の中では

(まあまあ、快適)です。

今、夕方の4時になるところで、この快適さだと

このままネットをしちゃいそうな予感。

夕飯は、冷や麦にする!!って決めたのだから(笑)

キリのいいところで一度やめます。

停電にならないことを祈って。

今回は、写真がアップできたので、スクールホリデー中の

そろばん教室の様子をお届けします。

本日の主役は、照れ屋のブラザーbut 絶対チュウニ病ね(笑)


「ブラザー、アックイになっている〜。」

と言って、ブラザーの頭をなでなでなで。ブラザー、ほんと照れて

可愛いの。実は、数日前のブラザーの頭は・・・・


ジャがトゥリ頭だったんです。伸びきっている。

なので、ブラザーがアックイ(髪を短くする。)になっていたので

なでなでなで。

子どものほっぺも頭もなでなでなでするの大好き。


いいこいいこされるのイヤな人なんていないよね?

私も、ナデナデいいこいいこされるの好きだもん。

がんばれちゃうもん。

以上、スクールホリデー中のそろばん教室の一コマでした。


明日は、学校が始まったので、日曜日開催の12時からの

そろばん教室となります。


                 see     you    tomorrow

                 TOSHIKO

 


 

| 子どもが育つ環境 | 01:04 | - | - | - | - |
ケンカの気持ち★
ガーナは、日曜日の午後一時半を廻りました。


今日も携帯からです。



昨日のそろばん教室の出来事です。


私が学校に着くと【トシコが来た!】との言葉と同時に教室の空気が張り詰めたものになったのを感じました。

ケンカがあった事が直ぐに分かりました。マティーナと誰かがケンカした。
そしてケンカの相手がまもなくしてアイズィクである事も分かりました。
正直【アイズィク、またお前か!!】と思わずにいられませんでした。

【なんで?ケンカをしたのか?】子どもたちに聞いても誰一人応える子どもはいなく、言いたくも無い理由でケンカをしたのだと思うのだけれど、理由も知らず私は、アイズィクに対しての腹立たしさだけがこみ上げていました。
【もうお前帰れよ】そんな気持ちも生まれていました。
ただアイズィク一人を理由も知らずして帰すわけにはいかない。
アイズィクとマティーナのケンカが原因となったものは、いったい何だったんだろう?
周りにいた子どもは、なんで?理由を教えてくれない??


ケンカの気持ちは、晴れ晴れしたものではありません。

モヤモヤしたものです。


としこ(^^)v
| 子どもが育つ環境 | 22:55 | - | - | - | - |
”ありがとう”って言われると嬉しいよね★
 ガーナは、10(火)の午前10時になるところです。

今は止んでいますが、朝から雨のアクラです。

しかも、雨漏りが心配になるほどの雨。

そして朝から停電。

今は、おかげさまでネットが使えて電気があるところから

書いていますが、家に帰るのがちと怖い。

何で?ってまた雨漏りが大変な事態になってそうだから・・・。

ちゃんと、先日のように洗面器2つ、掃除用のバケツを

置いてきたのですが・・・・。

無事であることを祈ります。

AMEN。


今回は、8日(日)のそろばん教室の事を書きます。

日曜日に学校に着いた時間は、11時前。

まだ誰も来ていなく、一人で教室を掃き掃除していると、

マティーナがナオミちゃんを連れてやってきました。

すぐに掃き掃除を替わってくれるマティーナ。

なので私は我慢していた用足しへ(←こんなこと書くな笑)

戻ってきて、マティーナにダスターを渡して机を拭くように

お願いしました。

机も椅子も一つずつ丁寧に拭いていくマティーナ。

これがジョンやギルバードだと、叩いて終わり(笑)

また自分が座るところしか拭かない子どももいたりして

けっこう子どもの性格が垣間見れて面白かったりするのですが

マティーナは丁寧。

きれいになった教室で、そろばんをはじき始めるマティーナ。

11時をちょっと過ぎたころ、ジョン、クレナム、ギルバードがおしゃべりしながら

楽しそうにやってきました。

ちなみに教室の始まる時間は12時とお知らせしていますが、私が来た時間が

始まりの時間なので、こうして早く来てくれるとうれしい。

いつものように、レジスターに印をつける3人。

そして、ダスターにしている元タオルに手をかけたので

「マティーナが全部きれいにしたよ。

 ”ありがとう!!  マティーナ”って言いなよね〜」

っと言うと、

ニコッと笑って 「 サンキュ マティーナ」と言うジョン。

その声を聞いて照れた顔をするけれど嬉しそうなマティーナ。

ニカッと私に微笑むだけのギルバード

( ↑ 微笑む先が違うだろ!!って突っ込んで笑)

クレナムも 「サンキュ マティーナ」と言うと、またまた照れるマティーナ。



”ありがとう”って決して催促して言う言葉ではなく、心から言う言葉だっていうことは

十分わかっているけれど、私はこんな場面でも”うれしいこと”や感謝の気持ちを

自分でも素直に言える人でありたいと思っているので、子ども同士での場面でも

言ってもらいたいなぁと思うのです。

物を貰った時だけが”ありがとう”じゃないと思うのです。

きれいな教室で、そろばんが出来たのはマティーナのおかげなのです。

ほんと、マティーナありがとうね。

私は、マティーナが”ありがとう”って言われた時のあの照れた顔に嬉しくなっちゃったよ。


               see     you   tomorrow

                               TOSHIKO
| 子どもが育つ環境 | 18:52 | - | - | - | - |
大切にしてくれていて ありがとう★
 ガーナは6(金)の午後3時を廻りました。

陽射しが戻ってきたアクラです。

今回もパソコンから書いています。

この後はしばらくまた携帯からのアップになります。

昨日、早めに切り上げた授業。

授業を行ったのはクラス6のみでした。


彼の名前は、エルピン。恥ずかしがり屋のお調子者。

エルピンが描いた私の似顔絵はホウレイ線ばっちりの似顔絵。見ようによっちゃ

笑っているトシコなのですが、ホウレイ線まで描いてくれるエルピン。

そんなエルピンの胸元に注目


ほらほらっ。 先日作った”こいのぼり”を着けていてくれている。お目目が取れちゃって

いるけれど、それにかなり毛羽立っているけれど大切に持っていてくれている。

この”こいのぼり”、エルピンだけじゃなく




ジョンも、お目目が取れてかなり毛羽立っちゃっているこいのぼりをつけていてくれる。

プリンシラなんか、そろばんの袋には自分の作ったピンクのこいのぼりを着けていて

制服のベルト部分に、色の違うこいのぼりを2つも着けている。

貰ったんだって。それを聞いた時、(なんで貰っちゃうの?)っという思いと

あげた子に対しては(なんであげちゃうの?)っという思いがあったのだけど、

これはこれで、子どもの中で、友だち同士できっと、そうしたい理由があったんだろうなぁ

っと思いました。

時として、先生でさえ、子どもの作ったものを欲しがる。これに対して、子どもは

あげちゃう。だから私は(なんで先生が欲しがるの?)っと思ってしまうのだけど

きっとこれは、私が先生にも作ってもらえばいいことなんだと思う。

なんだか話しがタイトルからズレてしまいました。

ぬり絵にしても、お絵かきした紙も、折った折り紙(平面的なもの)も大切にとっている

子どもは、かなりいます。

こういうのを見ると、すごくうれしい。また次回の作品も楽しいものを探そうっと

思います。

けれども時々、くしゃくしゃになったぬり絵やお絵かきの紙や

赤土の床に捨てられた作品を見ると、それに腹を立てて

(もう絶対にこのクラスでなんか作品作りしないもんね)

っと思ってしまう大人げない自分がいます。

大人げない自分に反省です。

だけどもやっぱり、大切にしてくれているを見ると、すごくすごくうれしい★


             see    you    tomorrow

                           TOSHIKO
| 子どもが育つ環境 | 00:07 | - | - | - | - |
チュウニ病トリオ★
 ガーナは6(日)の朝になりました。

昨日はそろばん教室でした。

前に”チュウニ病だから絵を描きたい”というタイトルで

日記を書いたことがあります。

そのシリーズではありませんが、うちのホーム2(中2)の

子どもたちは本当に見ていて面白く可愛いのです。

今、そろばん教室に通って来ている中2は、プリンシラ

ブラザー、ホープ、ギルバードの4人。

昨日、プリンシラはお休みでした。

教室にそろばんを置いてホープと出かけていたブラザー。

2人が戻ってきた時は、ギルバードやクレナム、デイビッドたちは

既に着席してそろばんを弾きだしていました。

なんだか落ち着かない様子のブラザー。

なので「 どうしたの?」 と声をかけるも首を小さく振り言わないブラザー。

すごく小さな声でギルバードに何か言った時、ギルバードが

「ぼく」

と答え、机の下からそろばんを出したのでした。

出かけるブラザーが、置いていったそろばんをギルバードが

”ブラザーのたいせつなそろばんだから・・・”という思いで自分の

座った机の下で預かっていたのだと思われます。

ガーナの生活のなかで、こうしたパターンで見かけるのが、ブラザー側の

人が大きな声でギルバード側の人を怒ったり、またその逆のパターンとして

なんだか知らないけれど2人して大笑いしたりするというパターンを

目にしていたので、内心”どうなっちゃうんだろう??”と思っていると

ギルバードがあの笑顔で”ふふっ”と小さく笑ったら、ブラザーも

あのさわかや笑顔で”ふふっ”と笑い何もなかったかのようにブラザーは

席につきました。

もう間もなく6級の検定をするブラザーに昨日はご褒美のテキストブックを

何にするか写真の中から選んでもらいました。

真剣に選ぶブラザー。

そのブラザーをあの笑顔で見ているギルバード。

昨日は、ホープが8級練習プリント10回分終了となりご褒美でもありました。

ギルバードは、この10回分終了まであと少しです。

ホープがご褒美で名前を呼ばれた時のブラザーとギルバードのうれしそうな顔。



「 ギルバードは、多分次の時かな? 」

とギルバードに言うと、またあの笑顔。

ギルバードは、まだ8×7が怪しくて、完全に覚えていないから間違った答えで

覚えているから、そろばんで弾いた答えも間違っていて、私が「エイトセブン?

エイトセブン?」って聞くと、またあの笑顔で「あぁ・・・・・」という感じで答える

ほんとまだ幼さが残るなぁ〜と笑顔を見るたびに思ってしまうのです。

口数の少ないブラザーも時にはこんな顔したり・・・



こんな顔したり・・・



ブラザーの誘いが無ければ、そろばん教室に再び通うことが無かったかもしれない

ホープは、着実に枚数をこなして頑張っていて・・・




 
この中学2年生が、あとどんなに頑張っても通えるのは1年余り。

高校はアフィフェには無いから寄宿舎に入ることになる。そうしたらどんなに通って

欲しくても、どんなに通いたくてもそろばん教室には通えなくなってしまう。

なにか私に出来る方法があるんじゃないか??っと模索している最中。

タイトルから終わりの文末がだいぶ逸れてしまいましたが、高校生になっても

通える方法をただいま真面目に考えています。


            see     you    tomorrow

                         TOSHIKO


| 子どもが育つ環境 | 14:43 | - | - | - | - |
女の子を傷つけること言ってなぁい?
ガーナは5(水)の午後3時を廻りました。


まずは、昨日の日記にまた間違いを書いてしまいました。

マティーナが今、練習しているプリントの回数は5回ではなく

10回分です。

10回が正解です。



 このところ、また”排水溝と戦うオンナ”になっています。

なんせ、私の家の水浴び場、排水溝がよく詰まる。

針金でシャカシャカした後にお湯を流して、

トイレのシュポシュポするので詰まりを取ろうとしても

原因がわからない。ちなみにトイレのこのシュポシュポするのは

排水溝の詰まり取りにしか使っていません。


さて今日のタイトルです。

これは、女の子に限らず知らないうちに人を傷つける言葉を

口にしてしまっているんだろうなぁ・・・という話です。


                                 先日のそろばん教室より

プリンシラは、ホント美人さんだと思う。たしかに時々、ゴリラっている時があるけれど

それを見たって美人さんだと思う。



そんなプリンシラに、先日やった”おひな様”の時、写真を撮るので描いたおひな様を

ブラザーとプリンシラに持ってもらおうと思いました。

「プリンシラ〜、背が高いからプリンシラが持ってぇ〜。男の子はブラザーが

背が高いから持って〜」

と何も気にしないで言いました。プリンシラ、”背が高い”って言われるのがイヤだった

んだろうなぁ。

「トシコォ〜」と口を尖らせてちょっとだけ私に怒りました。

ガーナでは、人の容姿でその人を呼ぶことがあって

太っている人なら 「オボロ」

学生なら  「 スクールガール 」 「スクールボーイ」

小さい子どもなら 「 スモールガール」 「スモールボーイ」

そして肌の白い人を 「 オボロニ 」

と言う具合に、見た目でその人を呼ぶことがある中、プリンシラが

”背が高い”と言われることをイヤがったのに、少し驚き、そして反省しました。

私なんか、逆にプリンシラは背が高くていいなぁと思うのです。

だけれども、他者が”いいなぁ”と思っていることに関して、本人はとても

気にしているんだ・・・と改めて思ったのでした。

特に容姿・体型に関しては他者がうらやましく思っていることを、本人は

コンプレックスに思っていることもあるでしょう。

気をつけたいです。


              see   you   tomorrow

                               TOSHIKO
| 子どもが育つ環境 | 00:14 | - | - | - | - |
マティーナが時間を気にしていたわけ★
 ガーナは4(火)の午後7時半を廻りました。

外は風があって涼しいのに部屋の中は暑いです。

今日も寝苦しい夜なんだろうなぁ。

昨日のそろばん教室、マティーナが時間を気にしていたのには

理由があります。

”8級練習プリント3枚1セット5回分でご褒美”

その5回目をやっていたのでした。

マティーナが来たのは12時25分。

その後、クレナムがナオミちゃんの手を引いてやって来ました。

ナオミちゃんはすぐにマティーナのところに行きました。



一度だけ、マティーナがナオミちゃんに怒っている声が聞こえました。

多分、眠くて眠くてマティーナの腕を引っ張るなどして、そろばんを弾くのを妨げた

のだと思います。

マティーナは、2ケタ10段のみとり算がよく出来るようになってきました。

だけども、どうしても乗算(かけ算)のやり方がまだ完全とは言えません。

九九の答えで一ケタになるものは、ひとつ飛ばして答えを置くのをしないで、

すぐに答えを置いてしまう。

終わりまでの2時間、なんとか頑張れば終了できそう。そう思いました。



ナオミちゃん、とうとうスヤスヤ寝てしまいました。


これじゃぁ、脚が重くてつらいと思う。ナオミちゃんを一人で寝せておける丁度いい

幅の机や椅子は無いので、このままにしておきました。

ナオミちゃんは、マティーナの妹と聞いていたので疑うこともなくそう思っていました。

ところが、今学期に入ってナオミちゃんを授業のある日でも学校で見かけるように

なりました。制服を着ていないのでネイズィクラスには入っていないのだと思います。

学校にいるナオミちゃんを見て、帰ってきたイケメン先生に冗談で

「あなたの子ども?」

と聞いたら、

「僕の子どもじゃなくて。えっとね・・・・・・ほらっ。あそこにいる人の子どもだよ」

と答えました。

「えっ、マティーナの妹って聞いたよ。じゃぁ、あの先生とマティーナが姉妹?」

と聞くと、”そうだ”と答えました。

悲しいかな・・・。聞いた瞬間、少しだけ”なら、そろばん教室に連れてこないでも

見る人がいるんじゃない??”そう思ってしまいました。

ナオミちゃんのお母さん、つまりマティーナのお姉さんは、まだ見た目20代前半。

この学校の先生の大半は校長先生の親族。

これも、子どもが育つ環境なんだろうなぁ。

マティーナの膝の上に頭をのせて寝ているナオミちゃんを見て、

先日、初めてナオミちゃんのお母さんを知った時の事を思い出していました。

幼い妹、弟を連れて来るのは、それでもそろばんを学びたいから。

結局、マティーナは「トシコ、タイム?」と聞いた2時10分の段階で、

まだ除算(わり算)が20問残っている状態だったので

終了時刻になっても5回分終了にはなりませんでした。



マティーナがもらうピュアウォーター、おやつとパンをナオミちゃんは分けてもらうのです。

  マティーナ、次のそろばん教室で、5回分が終了するよ。いつもありがとうね。

                 see    you    tomorrow


                                     TOSHIKO
| 子どもが育つ環境 | 04:30 | - | - | - | - |
ぱんの時間★
 ガーナはまだ2月28日です。28日の午後7時半を廻りました。

2月もあっという間でした。しかもその半分近くが体調不良だった。

イカンですなぁ・・・・。

さて、今週の日曜日はそろばん教室です。

そろばん教室の終わりの時間には、ぱんの時間があります。

先日の、パンの時間はこんな感じでした。


写真は、クレナムカメラマンによるもの。この日は、プリンシラが一番に来たので

プリンシラがパンを配る人です。この日のパンは、ティブレッドと呼ばれるパンです。

これまで、このティブレッドの時は、子どもが手で切っていたのですが、私が

あらかじめ包丁で切ったものを用意するようにしました。

このティブレッドは、個人的に一番好きです。何もつけなくても美味しく感じる。

B級バーガーの使われているのもこのパンです。


みんな、すごく楽しそうですよね〜。私は相変わらず帰り支度に必死。

 ↑ ブラザーの視線に注目。


この日は、みんなが好きになっちゃったマショマロが、あともう1個ずつ配れそうだったので

配ってもらっています。 笑顔のプリンシラに対して私がゴリラ顔。

真剣になるとゴリラ顔になるのね・・・。


この日、デイビットが着ていたTシャツは、ポケットから秘密道具を出してくれる

ネズミが嫌いな人気者。だけどもこの子は、きっと偽物。デイビットに

「この子は、日本で人気のある子だけど、日本じゃないなぁ・・・。

 偽物だよ・・・」

っと大人げないことを言ってしまいました。

帰り支度を無事に済ませた私の目に飛び込んできたものにより、再びクレナムは

私からカミナリを落されることになるのでした。

机が足跡で汚れている。どうも2枚目の写真などを机の上に靴のまま乗って撮った

みたいで・・・。

「  ちょっと!!  クレナム!!  どこ乗って撮ってんのよ !! 」

これまた、思いっきり日本語です。日本語だけれど、言われたことが解るのが

うちの子どもたちのすごいところ。

「  机は 大事に使うんでしょうが!!  」

と再び日本語でカミナリ。慌ててシャツの袖で拭いていました。

これが前回の、ぱんの時間の出来事。

毎回、いろんなドラマが生まれるのも”ぱんの時間”です。

今週はどんなドラマが生まれることやら・・・楽しみぃ★


          see    you   tomorrow

                        TOSHIKO
| 子どもが育つ環境 | 04:30 | - | - | - | - |