RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

Sputnik Ghana - スプートニクガーナより -

スプートニクガーナでの出来事やご報告をスピーディーにお知らせします!
<< 里帰り中、ポップと・・・・・。 | main | チーズバーガーを食べるもう一頭のぞう(笑) >>
GO! GO! ガーナ弾丸旅・・・っと言うより、移動の長い旅
 久しぶりのブログです。

昨夜(1月26日の夜)名づけて

(北へ北へ演歌の花道〜タマレ・モレ・クマシ弾丸旅)

から戻ってきました。

今回の目的は、Northern Regionにあるモレナショナルパークで

野生の動物を見ること(←漠然としていますが・・・)

アクラを出たのが、23日の日曜日。戻ってきたのが26日の夜の旅。

ど〜んな感じだったか?っというと・・・・




23日(日)    


    アクラ発   9時のSTCバスで、タマレへと北上

  去年、タマレに行く時、STCバスを使いました。その時、車両故障で、

16時間かかりまました。今回も、いろんな場所で洗礼を受ける(笑)私は、もちろん


どうか、無事にタマレまで辿り着けますように・・・・

っと願っていました。

STCバス、去年よりかなり値上がりしていました。アクラからタマレまで

27GHC。

このSTCバス、途中何か所かでトイレ休憩があるのですが、キンタンポという

村から、トイレの形が、アフリカンスタイルになってきます。

見た瞬間、出たかったものが出なくなります(笑)

これになれなきゃ北部に行けない

なぁ〜と痛感

20時30分にタマレ到着。初日はここまで。

タマレでは、アルハッサーンホテルという格安ゲストハウスで就寝





24日(月) 


 タマレ発ワ行のバスが朝5時発なので、チケットを購入するため

4時にメトロバス乗り場へ。5時発のバスが6時15分発でタマレを出発。

WA行きまでのチケット購入なので、8GHC。

メトロバスって都会的なネーミングですが、超揺れる揺れる(笑)

日本だったら恐らく廃車じゃないかな?っと思うバスです。

途中のドマンゴという村でトイレ休憩によりましたが、ここでも

見た瞬間、あれだけトイレに行きたかったのに・・・っと思うほど

でなくなりました(笑)これだったら、誰も来ないことを確認して

ブッシュで用を足したい・・・っと思ってしまいました。

ドマンゴを出て30分くらいで、ララバンガという村に着き、ここで

乗り換え・・・・の予定が

その前に

ララバンガの村にある世界最古のモスクを見学

このモスク、ロンリープラネット(西アフリカ)の表紙にもなっています。

感想は人それぞれ出すので、是非表紙になるモスクをご覧になりたい方は、

お立ち寄りください!!

↑  ↑  ↑  お立ち寄りください!!なんて書きましたが、

必ず行くことになるんじゃなか?っと思います。

バスを降りた瞬間、この村の案内人が寄ってきます。

(さぁ〜て、タクシーを探そうか???)

なんておもう暇なく、声かけてきます。

こういったことも、村にとっては大事な観光収入源につながっているのだと

思います。

最初、モスクの説明が、モスクを前にして、村全体の世帯数、住人の数、

ガーナフードの事、これから行くモレナショナルパークについての

説明まで、いろんな話をしてくれます。

モスクのガイド料は無料ですが、最後にコメントをノートに書き、

ちょいとの寄付が必要とのことを最初に言われます。

モスクの後は、今回のガイドさんが運営する学校に案内されました。



おそらく、私が学校で活動していることを知ったガイドさんが連れて行って

くれたのだと思います。猫の額ほどのちいさな敷地の学校で、99人の生徒が

昼と夜に分かれて学んでいるそうです。

この学校で驚いたのが、アフィフェ村にはない英語の教材がありました。

聞くところによると、WEBページを作り配信し、それを見たアメリカの学校の

先生から教材が送られてきたそうです。

大変、参考になりました。アフィフェ村のデバインアカデミィースクールの

英文のWEBページを作れば、いろんな国の人にアフィフェ村の事を知ってもらえるのかな

と思いました。

これらの話を聞いて、いざコメントノートブックへ・・・

ここを訪れ、案内を受けた人のコメントと、ちょいとの寄付額が記載されて

いました。

学校の子どものために使ってほしいと伝えドネーション。

さぁ〜て、ここから、モレに移動だ〜っと思っていたら、

お別れをしたはずのガイドさん2人が、タクシーに乗り込んできました。

正直、心の中

(あ〜、ドネーションが少なかったから、またお金要求されるんじゃないかな???)

という不安感と、絶対にこの二人の前で財布は出さないほうがいいんじゃないか?

っという思い・・・。

思えば、数キロ先のモレナショナルパークが観光収入で潤っているのであれば、

通過点にしか過ぎないこの村の収入源の確保として必死なのかなぁ?・・・っと。

タクシーもかなりの額。けどもタクシーを使わないと、モレナショナルパークまで

辿り着けません。歩こう!!なんて思っちゃいかんです。

モレナショナルパークには10時半ごろに到着。

まず入り口で、一人10GHCの入場料を払います。

ガイドブックには、ボランティアや学生はそれを証明できるIDカードを

持っていると割引になることが書かれていましたが、割引なんてありません(笑)

しっかりちゃっかり10GHC入場料として必要です。

10時半ごろ着いたのでチェックインまで、ホテルのレストランで

過ごすと・・・・



水を飲むぞうさんの姿です。

きっと、こんなぞうさんの姿をツアーに参加すると見れると思うと

バクバク・・・バクバク・・・・期待を大きく持っちゃいます。

このツアーは一日2回。朝と3時半のツアーがあり、悩んで悩んで3時半の

ツアーに参加する事に。

いったい、何頭のぞうさんに出会えるんだろう???

超期待してツアーまで待ちます(うふっ)



っとその前に・・・・

泊まったドミトリー

ガールズ部屋。 12GHCです。





泊まる部屋も悩んだんですよ〜。

ツリーハウスにするか?どうか?で。

ツリーハウスは、超冷え込むみたいです。そして、ガイドさんも一緒に

寝泊りをするっということを聞き、却下(笑)

そんな、ガイドのオッチャンかどうかはわからないけど、オッチャンと

一晩過ごすなんて、出来ません(笑)

チャレンジャーな方、是非、ツリーハウスをご経験下され。

必ず、暖かい恰好して寝てくださいね〜。

っと言うことで、なかなか、タイトルに進めないブログ・・・・

3時半、ツアースタートです。

節約のため、車でのツアーではなく、歩いてのツアーです。

いつもサンダルの私、この時だけはちゃんと靴に履き替えましたよ。

歩き始めて、10分・・・20分・・・・30分・・・

なかなか動物を見ることが出来ません。

なので・・・・







下を見ながら歩いたほうが、楽しい発見があるので、こんな写真ばっかり

撮っていました(笑)

歩いて1時間して・・・・



ぞうさんが、草を食べながら、しっぽを振り振りしているところ

を見ることが出来ました!!!

おしりがキュートです!!

しっぽのふりふりが (この草、おいしぃよ〜。パオーン)

っと言っている感じです。

ツアーガイドのおっちゃん、ツアー参加者にようやくぞうを見せること

が出来て安堵できたのか?この写真を撮っている近くで、シャーシャー

と・・・・・用足し。失礼ながら笑いのツボにはまってしまいました。

歩いて2時間のツアーで、ぞうさんに出会える確率は低いみたいです。

ツアーガイドさんが、言っていました。

2時間のツアーは一人6GHC。そのほかにチップが必要です。

この晩、遠くでなんかの動物が鳴く声が聞こえました。

ぞうさんに会えた旅2日目無事終了





25日(火) 


旅3日目の朝も早く4時発のバスで、タマレまで戻ります。

ちゃんと出るのか?ホントに出発するのか?心配でしたが、動きました。

もうほんとによく走れるもんだ!!と感心してしまうくらいの座席が

壊れているメトロバス。小学校の頃、分校があって、その分校の近くに

廃車になったバスがありました。それを思い出させるくらいのバス。

タマレまで3.5GHC。

お昼前には、タマレに到着。

この日のうちにクマシまで移動したかったのですが、STCバスは、朝7時の

バスしかなく、初日にお世話になったタクシードライバーが、他のクマシ行の

バスがあることを教えてくれ、夕方6時発クマシ行きのバスに乗ることに・・・。



タマレは1年前活動していた学校があるところ。

訪問したいけれど、行き方と学校名が思い出せず、現地スタッフに連絡を

取りましたが、連絡つかずいけませんでした。


18時に出たバスは、24時にクマシに到着。

この日の夜は、クマシのゲストハウスで宿泊。





26日(水)

 クマシのカルチャルセンターを見学して、15時過ぎバスのりばへ・・。

STCバス。VIPバスと様々なバスが、定員になり次第出発するので、たくさん声を

かけられます。

・・・はい、バス選び失敗しました。アクラまで13GHCという料金の魅力に惹かれ

STCバスを選んだら、バスは揺れる、いたるところで停車するで、アクラに戻ったのが

21時過ぎとなってしまいました。STCバスに乗ると、バスの中で、バイブルの1文の

説法が始まったり、怪しい物売りの演説コーナーがあったりします。VIPバスでは

こんなことは、ないそうです。



書き始めて2時間経過しました。結構気合入っているのですが、

分かってもらえましたか〜??

 see you tomorrow

TOSHIKO


| ガーナの観光 | 17:20 | comments(0) | - | - | - |