RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Sputnik Ghana - スプートニクガーナより -

スプートニクガーナでの出来事やご報告をスピーディーにお知らせします!
<< 嗚呼、空耳アワー | main | アコソンボダムとボルタ湖 >>
イースターホリデーに宿無しになりかけた事件簿
 2日ぶりです。

日本はお花見真っ盛りですね〜。

桜、いいなぁ。

桜っていいなぁっと感慨こめて言う私。

土曜〜日曜日とアコソンボ観光してきました。

ここでおさらい☆

アコソンボも活動しているところです。

アコソンボダムが有名です。

なんでアコソンボに行ったか?と言うと、今回の

目的はボルタ湖の観光船レポートするため。

これまでアコソンボには何度も通っていても

実際、観光をするということはありませんでした。

土曜日の9時過ぎにアクラの家を出てトロトロでアコソンボに

向かいました。

泊まるホテルは

アコソンボコンチネンタル

予約も何もしていないのに泊まれるつもりで

家を出ました。

アコソンボコンチネンタルホテルは、

アコソンボの学校に行くときにいつも車窓からその入り口

だけはみていました。

ガイドブックによると小さい動物園もあるとのこと。

宿泊代はバイト代でなんとか2泊出来るぞ〜

なんとか押さえればホテルでご飯も食べられるかも

しれない・・・

ってこんな超庶民がトロトロで行くホテルじゃないって

云うことにホテルについて気付きました!!!!!

超きれいなところなんじゃん

↑  ↑  入口だけしか今まで見ていなかったので

外装をこの日、初めて見ました。

門番にレセプションを聞いて行き

「泊まりたいんですが、空いている部屋はありますか?」

と聞いたら

「全部埋まっている」

と。ガーーーーーーーン!!

そりゃそうだ!!世の中、イースターホリデーで休暇を楽しむ

人がこうして観光地を自家用車やタクシー使って訪れている

っつうのに、私ときたらトロトロで来ている。しかも予約なしで

泊まれるもんだと思ってきている。

ここからが魔のホテル探しの幕開けでした(笑)

外で案内板を書いていたおじちゃんが、近場のホテルを

教えてくれ歩いてその近場のホテルに・・・。

あぢぃ・・・・・・・あぢぃ・・・

すでにこの時点で暑さにやられていました。

コンチネンタルホテルから歩いて次のホテルへ。

このホテル、私知りませんでした。看板は確かに

出ていたのを知っていますが、宿泊施設があるなんて。

行ったところは、ガーデンレストランとリバーサイドレストランを

併設するバゲット。

レストランがレセプションです。

「空いている部屋はありますか?」

ウエイトレスさんくびを振りながら

「全部埋まっているわ〜。イースターだから・・・」

以後、私はoccupyを何度も聞くことになるのでした。

っとここで、このコンチネンタルホテルから歩いて10分くらいの

処にある隠れ家的・・・でもないか。場所の写真を。


泊まれなったけれど、食事で利用しました。

この場所、気に入りました♪

次回、ホリデーの時なんかはちゃんと予約して来たいなぁとも思いました。

食事ははボルタ川の上に突き出たテラスや緑の多い庭の中でとることもできます。

カウンターのある屋根つきの母屋レストランで発見!!  ↓


超可愛い音が出るジャンベ。

ここの食事、私個人的にはおいしいと感じました。

しかも値段がリーズナブル。

次は絶対、ここに泊まるんだ〜。部屋数が少ないので予約はちゃんと

してからね。

さぁて、またお宿探しがはじまったわけで・・・。

もう私の頭のなかに

オイラは宿無しぃ

おまえ〜には

っと世良正則さんの歌がかかっちゃっているのです。

この場所から、以前泊まったポンにあるゲストハウスに電話すると

あの・・・あの・・ゲストハウスでさえ

(いっぱいよ〜。なんせイースターだから)

っと。

オイラは宿無しぃ

おまえ〜には

宿無しだ・・・・・。アクラに帰ろうかな・・。

けど目的は明日(日曜日)の観光船に乗るために

前日にアコソンボに来たのだし・・・。

そう思うと今度は

田舎に泊まろう

の軽快な音楽がバックミュージックとなりました(笑)

まさかね・・・・

ガーナで田舎に泊まろう

は、ダメだよね???トイレは絶対、用を足したいのにでなくなっちゃう

のだろうし、なによりそんなに簡単に突然

「泊まるところが無いんで泊まらせてください」

って言ってくる人になんて簡単に泊めないよね??

アコソンボの遊覧船の発着する場所からはそんなに離れたくない・・。

戻りたくないなぁ〜。

そういう思いをタクシードライバーは分かってくれました。

ゲストハウスしらみつぶし作戦!!

ドライバーも知っているゲストハウスに行ってくれるものの

「いっぱいよ〜。ホリデーでアクラに行っている人が帰ってきているからね」

そうなのです。

タクシードライバーが連れて行ってくれたゲストハウスは

もう(こんなところにゲストハウスなんかあるの?)

という私がポンで利用したようなゲストハウス。

なのに埋まっているのです。

コンチネンタルホテルやそのほか、ボルタ川に面していて

リバーサイドビュウとうたわれ、料金もUSドルで支払うような

ホテルは外国人などのリッチ層が利用して

アコモデーション、バゲット、ゲストハウスと呼ばれ比較的

宿泊料金も1泊20セディから(それでもホリデーはこれより

高くなります)泊まれるホテルは、地元の人が利用したりするのです。

話しを泊まるところ探しに戻して・・・

ありゃ〜またホントにこれじゃ宿無しだ・・・・・

またオイラは宿無しぃ〜

がかかりながら、なんとなく避けていたゲストハウスに

いく事になりました。

泊まれるかどうか問題なのに、避けていたなんて贅沢な悩み

なのですが、何故なら活動している学校のすぐ近くだから・・・。

学校の近くには2つのゲストハウスがあります。

1つはやはり埋まっていました。

そして、やっとこさ空き室ありの宿が見つかりました。

「エアコンじゃないのよ。ファンよ。ファンだけどいいの?」

そんなエアコンなんて贅沢すぎます。

ファンで十分です(笑)

蛇口から水さえ出ればもうなんでもいいです。

あっ、あとベットシーツにダニが居なければ・・・。

っとここで泊まれたのが、学校が目と鼻の先にあるここ。


学校まで歩いて1分とかかりません。

朝夕と、水汲みに出かける学校の子どもに会いました。

その位近いです。

ZITOありがとう。宿無しにならずに翌日のアコソンボ遊覧船を楽しむことが

出来ました。

アコソンボ遊覧船の事はまた明日。

今回の教訓 : ホリデー中の宿泊は要予約!!

    アーチョミャァドゴウ

    see you tomorrow

            TOSHIKO
| ガーナの生活 | 00:09 | comments(0) | - | - | - |