RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

Sputnik Ghana - スプートニクガーナより -

スプートニクガーナでの出来事やご報告をスピーディーにお知らせします!
<< チャラオのイメチェン★ | main | オコル君ふたたび★ >>
チュウニ病トリオ★
 ガーナは6(日)の朝になりました。

昨日はそろばん教室でした。

前に”チュウニ病だから絵を描きたい”というタイトルで

日記を書いたことがあります。

そのシリーズではありませんが、うちのホーム2(中2)の

子どもたちは本当に見ていて面白く可愛いのです。

今、そろばん教室に通って来ている中2は、プリンシラ

ブラザー、ホープ、ギルバードの4人。

昨日、プリンシラはお休みでした。

教室にそろばんを置いてホープと出かけていたブラザー。

2人が戻ってきた時は、ギルバードやクレナム、デイビッドたちは

既に着席してそろばんを弾きだしていました。

なんだか落ち着かない様子のブラザー。

なので「 どうしたの?」 と声をかけるも首を小さく振り言わないブラザー。

すごく小さな声でギルバードに何か言った時、ギルバードが

「ぼく」

と答え、机の下からそろばんを出したのでした。

出かけるブラザーが、置いていったそろばんをギルバードが

”ブラザーのたいせつなそろばんだから・・・”という思いで自分の

座った机の下で預かっていたのだと思われます。

ガーナの生活のなかで、こうしたパターンで見かけるのが、ブラザー側の

人が大きな声でギルバード側の人を怒ったり、またその逆のパターンとして

なんだか知らないけれど2人して大笑いしたりするというパターンを

目にしていたので、内心”どうなっちゃうんだろう??”と思っていると

ギルバードがあの笑顔で”ふふっ”と小さく笑ったら、ブラザーも

あのさわかや笑顔で”ふふっ”と笑い何もなかったかのようにブラザーは

席につきました。

もう間もなく6級の検定をするブラザーに昨日はご褒美のテキストブックを

何にするか写真の中から選んでもらいました。

真剣に選ぶブラザー。

そのブラザーをあの笑顔で見ているギルバード。

昨日は、ホープが8級練習プリント10回分終了となりご褒美でもありました。

ギルバードは、この10回分終了まであと少しです。

ホープがご褒美で名前を呼ばれた時のブラザーとギルバードのうれしそうな顔。



「 ギルバードは、多分次の時かな? 」

とギルバードに言うと、またあの笑顔。

ギルバードは、まだ8×7が怪しくて、完全に覚えていないから間違った答えで

覚えているから、そろばんで弾いた答えも間違っていて、私が「エイトセブン?

エイトセブン?」って聞くと、またあの笑顔で「あぁ・・・・・」という感じで答える

ほんとまだ幼さが残るなぁ〜と笑顔を見るたびに思ってしまうのです。

口数の少ないブラザーも時にはこんな顔したり・・・



こんな顔したり・・・



ブラザーの誘いが無ければ、そろばん教室に再び通うことが無かったかもしれない

ホープは、着実に枚数をこなして頑張っていて・・・




 
この中学2年生が、あとどんなに頑張っても通えるのは1年余り。

高校はアフィフェには無いから寄宿舎に入ることになる。そうしたらどんなに通って

欲しくても、どんなに通いたくてもそろばん教室には通えなくなってしまう。

なにか私に出来る方法があるんじゃないか??っと模索している最中。

タイトルから終わりの文末がだいぶ逸れてしまいましたが、高校生になっても

通える方法をただいま真面目に考えています。


            see     you    tomorrow

                         TOSHIKO


| 子どもが育つ環境 | 14:43 | - | - | - | - |